笑顔の女性
自立することが出来る

現在はうつ病や発達障害という言葉が広く世間に浸透しています。それに伴い、以前よりも精神科受診に関する敷居は低くなってきたように思われます。
ですが、中にはまだ精神科という言葉に抵抗を感じる方も多いです。そうした方の中にはカウンセラーによるカウンセリングを受けてみたいと思われる方もいます。
また、周囲からカウンセリングを進められた、という方もいます。心に関係する専門的な領域、それこそ精神科、クリニック、心療内科といった場で勤務するには資格を取得しておいた方が有利です。
精神保健福祉士や臨床心理士などです。広く考えれば、看護師となり心療にかかわる分野で働く方法もあります。
精神保健福祉士は福祉系の資格となります。対人援助技術理論や医療・福祉制度の知識をもって支援を行います。
臨床心理士は心理学を修めた心理のスペシャリストです。心理学の理論とエビデンスのある心理技法を用いて支援にあたります。

カウンセラーという言葉も、ほとんどの人が耳にしたことがある言葉だと思います。今は少・中・高のみならず大学や職場にもカウンセラーが配置されていることがあります。
学生からの相談だけでなく、職員からの相談にも対応しています。老若男女問わず様々な相談を受けるわけですから、高いスキルが求められます。
多くのカウンセラーは臨床心理士の資格を取得しています。臨床心理士になるためには、大学で心理学に関する単位を取得したのち、大学院へ進学する必要があります。
大学院にも一種、二種とあり、資格取得までに必要な年数が異なります。そして試験に合格することで、臨床心理士となる事ができます。
国公立の大学に進学するか、私立の大学に進学するかで学費に大きな差があります。大学、大学院と同じ学校に進学する方、大学と大学院は別の学校へ進学する方と様々です。
心理的援助の技法も様々あるため、自分が勉強してみたい技法を得意とする先生のいる学校へ進学するケースもあります。心理職は病院だけでなく、行政機関、教育機関、司法機関でも活躍しています。
それほど、必要とされる場面が多く、心のケアには不可欠な職種であるといえます。