相談している女性達
仕事でも使える

複雑化する社会の中で、心の健康を害し、心療内科や精神科に通う人達が増えています。
それは、医療福祉の分野での大きな課題にもなっています。
以前より、心療内科や精神科に通う事についてのハードルが下がり、気軽に相談できる雰囲気になってきたことも、通院する人が増えた一つの要因かもしれません。
そのような環境を作り出したのは、心療内科医や精神科医、そしてカウンセラーの皆さんの努力であり、行き場のなかった心を病んでしまった人達を救う場となっています。
相談そのものは、家族でも友人でも上司でも可能なことですが、すでに病気の範囲に入った人に、無責任なアドバイスは危険です。
しっかりとした医療福祉や心理学の学習を重ね、資格を持ったものが対応することが求められています。

カウンセラーという呼び名は、一般的なもので、国家資格を持った者をいうわけではありません。
カウンセラーとして活躍するための資格として、代表的なものに「臨床心理士」があります。
これは、大学で心理学を学んだ上で、大学院に進学し、臨床心理士を養成できると認められたコースを卒業し、試験をクリアーしなければなりません。
カウンセラーとは、単に相手の話を聞くだけでは解決できませんので、治療に寄与できる手法等も専門的に学習することになります。
ただし、多くの場合、社会人経験を経ずに、大学や大学院をストレートに卒業しただけでカウンセラーとして活躍することは難しいと言えます。
医療福祉の現場で、一定の経験を積むなどした後、活躍している人が大半と言えます。