微笑む医者達
需要が増えている理由

歯科医院ではまず、その歯の状況を検査してから的確な処置を選んで対応して行きます。
虫歯や歯周病の進行具合を診て、適切な処置を選ぶ事になるので一概に虫歯だからと言って、治療方法が完全に決まっているわけではありません。
医院によってその対応も違ってきます。
早期のまだ虫歯の初期段階の状態であれば、ほとんどの場合は1度の治療で済ます事が出来る程です。
しかし、長い間虫歯を放っておくと治療時間もそのコストも多く掛かってしまいます。
結局長い時間や治療費が掛かるのであれば、定期的な検査を受けたり日頃からケアをしておく方が大切だと呼びかけられます。
ただ、初期状態の治りやすい虫歯は自分では中々見つけられないので、多くの場合は虫歯がある程度進行した状態で治療がスタートします。
しかしこれも数回の治療で終了する可能性もありますので、医院選びや日頃のケアを重視しましょう。

初期症状である、歯の外側だけが少し蝕まれている状況であれば、少し削ってプラスチックの素材を少し詰める作業だけで終了出来ます。
外側であれば神経に到達する心配もないので、痛みを恐れる必要もありません。
このように、まだ症状の軽い内に虫歯に気付く事が出来れば痛みの恐怖も全くないメリットがあります。
ただ、外側から少し進行した虫歯であると神経に近付くため、麻酔無しでは痛みを伴うような治療になります。
これも現在ではかなり改善されており、無痛治療と言って適切な麻酔処置によって痛みをほぼ感じさせない状態で処置出来るようになりました。
ただ、進行度合いが深ければ深いほど、削る時間詰める時間も増えます。
治療のコストを考慮しても、早期の内に歯科では虫歯を見つける事が勧められています。